サイズ元の話

blog

有名どころから出版されているいくつかの教科書に従って
サイズ元やブリムを作図して使っていた所、どうしてもなんだか合わず、
サイズ元はフィット感悪いしブリムは変な場所がはねるし・・・
数年前に自分のサイズ元を見直しました。

帽子学校に入ったばかりのころ習った計測方法で
頭の形をとってみたら吃驚( ゚Д゚)

先ず20年程前 学生時代にとった形と大分違っています。
成長なのか、老化なのか、髪の量の問題なのか・・・あと測り方の問題もあると思います。

何より、教科書通りに作図したものと似ても似つかない。
そして2焦点の楕円にそっくり。

教科書を見ると、コンパスを使って二焦点の楕円の近似形を書こうとしている様なのですが、
近似形になるのは一定の縦横比の楕円の時だけらしいのです。
私の頭のサイズなどでは、正円を割って間を開けた感じの形になってしまい楕円とはかけ離れた形になってしまいます。

教科書の作図法が合う人もいるのでしょうし、私のように合わない人がいるのではないかと思います。

お教室に来ていただいた方には初めに
サイズ元の形をとって頂いています。
頭の形がどちらに属するのか、確かめたいためです。

ちなみに今まで(といっても少人数ですが)ほぼ全員楕円に近い形でした。

教科書には「統計的」な縦横比などが載っているのですが、いつのどんな統計なのかなと思います。
London College of Fashionに在学中に、女性の各サイズの統計を取る調査が行われているのを見かけました。
National Survey と書いてあったので国の事業だったのかもしれません。
似たような調査が日本でもあると思いますが、頭はどうなのか。
病院のレントゲンやCTやらMRTやらの写真で統計をとれるはずだと思うので誰かなんとかしてもらえないものかしら??
もしそんな調査があって最新の統計結果があれば知りたいものです。
どなたかご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

コメント